ハワイを楽しむために

コンドミニアムとは別荘住宅

コンドミニアムとは人によって聞きなれないこともありますが、要するに別荘住宅です。 コンドミニアムとは英語の意味的には、分譲マンションのことなのですが、日本ではあくまで別荘住宅になります。 しかも、コンドミニアムとは第二の住宅、というよりはリゾート地での別荘になります。ですから、これはバブルのときに流行したことなのです。コンドミニアムの売上が伸びているのは確かなのですが、やはり極端に売れるわけではなく、じわじわと販売されるものです。 ある種のブルジュアのものの一つなのですが、それは悪いことではないのです。別荘地でもなんでも売れるのはよいことです。 工夫しておいたほうがよいことは、長期的に住むことを考えて買うところです。

コンドミニアムとホテルの違い。使用目的と役割。

コンドミニアムとは、マンションタイプの宿泊施設です。ホテル(旅館)とは異なり、食事は付きません。住居用のマンションと同じでキッチンが付いているので自炊が可能です。清掃道具やコインランドリーなど長期生活には欠かせない設備が整っています。 コンドミニアムはマンションの一室を貸し切るものなので、貸別荘とは違います。コンドミニアムは、そこに住んでいる人もいるのでセキュリティには十分な配慮があり、敷地や建物内、プールに入るにも鍵が必要となる場合があります。 一般的には、1週間以内の旅行であればパックホテルを利用したほうが安いと言われています。コンドミニアムの場合は部屋単位で料金が発生するので一部屋2名以上の利用であればコンドミニアムのほうが安いと言われています。